Blog

カテゴリ: むし歯、歯の痛み

歯の痛み放っておいてないですか?

3ddb220134721de2575bfc81561145c6_s
「歯が痛むけど、これくらいなら歯医者に行かなくてもいいか……」と、歯の痛みがあっても、しばらく放ったままになっていませんか?実は、その“痛みの放置“が後に厄介な事態を招きかねないのです。

歯の痛みは放っておくと、そのうち消えてしまうことがあります。痛みがなくなったことを「虫歯が治った」と思い、歯医者にかからないままになってしまいがちです。しかしそれは実は大変危険な行為なのです。なぜなら、虫歯が神経にまで到達して壊死してしまったことによって、痛みを感じなくなっただけのことだからです。このように歯の痛みを放置すると、知らず知らずのうちに虫歯が進行して大変な目に合うことがあります。

では、歯の痛みを放置することで、具体的にはどのようなデメリットが考えられるでしょうか。

治療が難しくなり、歯を残しておける可能性が低くなる
虫歯は、ごく初期の段階ならばしっかりとケアすることで、歯を削らずに治癒することがあります。しかし、痛みを放置して虫歯を悪化させ、治療範囲が広くなると、結果的に抜歯せざるを得ない状況になることがあります。また、その状態になると他の歯も虫歯に冒されている可能性も高くなるため、1本のみならず2本、3本と歯を抜く羽目になることも考えられます。

治療時の痛みが増し、身体的負担も大きくなる
当然、虫歯の初期段階における治療よりも、痛みを伴う治療を施さざるを得ない状況になります。痛みが強いと体も緊張して疲れてしまいますね。あいおいクリニック皮フ科歯科アトレ目黒では、可能な限り痛みの少ない治療をご提案し、丁寧なカウンセリングで詳しく症状や治療のご説明をすることで、患者様の不安を取り除きながら診察してまいります。

治療期間が長くなり治療費の負担が大きくなる
痛みを放置したために虫歯が進行していると、より複雑な治療が必要になることもあり、場合によっては入れ歯やインプラントなどの補綴治療の必要性も出てくるでしょう。しかも、初期の段階であれば保険適用だった治療が、症状が進行することで「自費治療」の選択を強いられることにもなりかねません。そうすると、治療期間も費用もかかってしまいます。あいおいクリニック皮フ科歯科アトレ目黒のインプラント治療では、通常のカウンセリングとは別に補綴カウンセリングも行っておりますので、患者様の納得がいくまでご相談頂けます。

お口の健康が失われるだけではなく、全身の疾患にも関わる事態になりかねない
恐ろしいことに、初期段階であれば非常に簡単な治療で済んだものが、痛みを放置し続けたために、様々な恐ろしい症状を引き起こすこともあるのです。では、どのような症状があるのか、以下でご説明しましょう。

・激しい痛み
痛みを放っておいた虫歯は、知らず知らずに進行して歯の内部にある神経を蝕み、我慢できない激しい痛みにおそわれます。さらに進行し、神経が壊死した後は、歯の根の先に膿がたまって再び激しく痛みます。ここまで悪化させてしまうと、抜歯を余儀なくされることにもつながります。

・頭痛
虫歯の痛みを避けようと、虫歯がある方とは反対側で物を噛むようになります。そして徐々に噛み合わせが悪くなっていき、顎や他の筋肉が緊張状態となることで頭が痛くなります。

・顎の痛み
虫歯を放置することで虫歯菌が神経から顎の骨に侵入すると、顎の骨が炎症を起こして化膿し、歯茎から膿が出る「骨髄炎」を引き起こします。それに伴って激しい痛みや発熱の症状が出ます。更に症状が悪化すると、歯茎を切り、顎の骨の治療が必要になる場合もあります。

・アレルギー
虫歯の細菌を常に体の中に住み着かせてしまうことで、アレルギーの原因になり湿疹などの症状が現れることがあります。

・全身疾患
虫歯の細菌が血管に侵入し、血液の流れに乗って脳や心臓、骨、各臓器などにまん延すると、心筋梗塞、脳梗塞といった重篤な症状を引き起こすことにもなります。特に、高齢の方や持病を患っている方など、免疫力が強くない方にとっては、虫歯の細菌が肺炎の原因になることが少なからずあり、肺炎から最悪死に至る危険性もでてきます。

歯の痛みを放っておくことがどれくらい恐ろしいことか、お分かりいただけたでしょうか。治療が大事にならないためにも、歯の痛みがあれば歯医者さんで早めに診てもらうようにしましょう。また、虫歯を早期に発見して適切な対処を行えるよう、定期的に歯科検診を受けるとよいですね。あいおいクリニック皮フ科歯科アトレ目黒では、お忙しい方でも通って頂きやすいよう、夜は19:00まで、土日祝日も休まず診療しておりますので、お気軽にご相談ください。

【あいおいクリニック 目黒医院】目黒駅直結の歯科

日付:  カテゴリ:むし歯、歯の痛み, 歯医者

むし歯は自然治癒するのか?

3ddb220134721de2575bfc81561145c6_s
風邪をひいた時、皆さんはすぐに病院に行きますか?栄養のあるものを食べて、もしかしたら家に常備しているお薬を飲んで、安静にしていれば良くなるときもありますよね。軽い腹痛や頭痛などは、ゆっくり休めばそれで治ることもあります。
そんな「自然治癒」が虫歯にもあればいいのに、と思ったことがある方は多いのではないでしょうか?

歯医者さんで治療してもらうしか治す方法がないと思われがちな虫歯も、実は「自然治癒」しているのです。

〇歯の自然治癒ってどういうこと?

実は、歯の自然治癒はどんな人にでも常に起こっている現象です。
食事をした時の糖分を餌にして虫歯菌が酸を作り、その酸によって歯の表面のエナメル質から、カルシウムやリンが溶け出してしまう現象を「脱灰(だっかい)」と言います。これは食事をするたび常に起こっています。
カルシウムやリンは唾液にも豊富に含まれています。そのため、時間が経つと唾液から歯の表面に補充されて歯が修復されていきます。これを「再石灰化」といいます。
このように、口の中では常に脱灰と再石灰化が繰り返されており、この再石灰化が自然治癒と言えるのです。

〇自然治癒できる虫歯の種類

どんな虫歯でも自然治癒ができるわけではありません。
虫歯は進行度によってC0~C4までの5段階があります。自然治癒ができるのは、このうちのもっとも初期の段階であるC0の場合のみです。
C0は歯の表面が白く濁っていて透明感がなくなっていますが、穴は開いていない状態です。まだ虫歯ではありませんが、放っておくと虫歯になってしまいます。この時点ならば自然治癒が可能なのです。

〇自然治癒を促進させるには?

歯の脱灰を促進させる要因を減らし、再石灰化を促進させる要因を増やします。具体的にはどんな方法があるのでしょうか?

●歯垢を取り除く

歯の脱灰は口の中が酸性になることによって進みます。
酸を作り出す虫歯の原因菌は歯に付着している歯垢の中にいますから、この歯垢を除けば良いのです。

歯ブラシだけでは歯と歯の間の歯垢を完全に除くことは難しいので、デンタルフロスも併用しましょう。
歯の正しい磨き方は、その人の歯並びなどによって一人ひとり違います。あいおいクリニック皮フ科歯科アトレ目黒では、その人に合った歯の磨き方指導もしています。

●フッ素を塗る

フッ素は歯の再石灰化を促進する成分でもあります。フッ素入りの歯磨き粉を使ったり、歯磨き後にジェルタイプのフッ素を歯に塗ったりすると効果的です。

●キシリトールガムを噛む

キシリトールは虫歯菌が食べても酸を作ることができない糖です。虫歯菌の成長や増殖を抑制することができるため、虫歯菌を減らすのに役立ちます。

●リカルデントガムを噛む

リカルデントは、歯のエナメル質にリン酸カルシウムを取り込みやすくし、再石灰化した歯の酸に対する抵抗力を高めるという働きがあります。

●間食の回数を減らす

脱灰は食事のたびごとに起こります。ちょっとした間食でも同様ですので、間食を控えるようにしましょう。また間食をするなら、だらだらと食べ続けるのではなく時間を決めて食べるようにしましょう。

●就寝前に食べない

睡眠中は唾液の分泌が減って、再石灰化が起こりにくくなります。寝る直前に食事をすると、歯の脱灰が進み続けることになります。就寝前に歯を磨いたら、それ以降は飲食をしないようにしましょう。

いかがでしたか?
虫歯でもごく初期の段階なら、自然治癒することができます。
しかし虫歯が本当に治っているのかどうかは、歯科医で確認してもらう必要があります。自己判断することなく、定期的に歯の検診を受けましょう。
あいおいクリニック皮フ科歯科アトレ目黒では、歯の定期検診を行っています。

【あいおいクリニック 目黒医院】目黒駅直結の歯科

日付:  カテゴリ:むし歯、歯の痛み, 歯医者

歯科診療メニュー

DENTAL TREATMENT